債務整理したい人必見!弁護士に依頼する、メリットとデメリット!

弁護士に債務整理を依頼するメリットについて!

e31f36e1593b36218975e8d813072ded_s

弁護士に全て任せる事が出来る為、依頼者の負担が軽くなる!

借金の滞納などで、弁護士に依頼し債務整理を行う場合、弁護士が依頼者の代理人となって、金融業者との間に入って交渉を行う事になります。

その為、依頼者の負担が軽く、家族など周囲に知られる事なく、債務整理を進めていく事が出来ます。

弁護士は専門家である為、迅速に対応が可能!

弁護士事務所によっては、借金問題を相談したその日から、迅速に対応してくれる場合もあります。

弁護士が代理人となった場合、金融業者に対して受任通知を発送します。

そして、金融業者が受任通知を受け取った時点で、借金の督促が出来なくなるのです。

この受任通知は、債務者にとってかなり重要であり、毎日のように借金の督促に苦しめられている債務者にとっては、借金の督促が止まる事は、精神的にかなり楽になるのです。

さらに、債務整理中は、借金の返済をしなくてよくなります

弁護士は借金問題の専門家なので、安心して依頼する事が出来る!

弁護士は借金問題の専門家でもある為、借金問題に非常に強いと言えます。

さらに自己破産や任意整理などの、債務整理に特化している弁護士であれば、金融機関との交渉にも慣れている為、非常にスムーズな解決が期待出来ます。

また、債務整理などの借金問題は、司法書士に依頼する事も出来ますが、司法書士に依頼した場合は、140万円以上の過払い金請求などは、担当する事が出来ません。

金額の上限に関係なく対応出来るのは、弁護士だけになります。

また、長い期間に渡って借金を返済している場合は。過払い金が発生している可能性もある為、一度、弁護士に過払い金の相談をしてみる事を、オススメします。

弁護士に債務整理を依頼するデメリットについて!

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

過払い金請求をした金融業者からは、お金を借りられなくなる場合も!

これは、弁護士に依頼したからというわけではありませんが、基本的に過払い金の返還請求をした場合、請求した金融業者から今後一切、お金を借りられなくなります。

過払い金とは、過去にグレーゾーン金利という高金利で、金融業者からお金を借りていた場合に発生します。

そして、利息を払い過ぎている場合、返還請求が出来るのです。

現在は法改正がなされており、2007年以降にお金を借りている人は、ほぼ過払い金発生の心配はありません。

しかし、過去長期間に渡り借金を返済している人は、利息を過払いしてしまっている可能性が、高いのです。

過払い金請求をした場合、請求した金融業者から今後お金を借りられなくなると言っても、その金融業者からは2度と借入したいと思っている人はほとんどいない為、デメリットとは言えないかもしれません。

弁護士費用がかかる!

弁護士費用は、多くの人が思っているように安くはありません。

また借金をしている場合、高額な費用が発生する弁護士に、相談など出来ないと考えてしてしまう事もあるでしょう。

多くの弁護士事務所が、初回の相談であれば無料となっていますが、それ以降については、相談料は一般的に30分5,000円程度が相場です。

しかし、借金に苦しんでいる多くの人が弁護士に相談し、その弁護士費用を返済出来ているという実績もあるのです。

それは、弁護士に依頼した時点で、借金の督促が止まる為、今まで支払っていた金額を、そのまま弁護士費用に充てる事が可能になるからです。

さらに分割払いなど、依頼者が支払える金額で支払う事も可能な為、債務整理での弁護士費用の返済が、そこまで難しくなる事はありません。

基本的に借金問題を解決したい場合には、弁護士費用よりも相談する事によって得られる効果の方が、大きいと考えられるでしょう。 

こちらのコラムも人気です!