初めての債務整理は不安!債務整理の流れを掴んで、不安を解消

最初の一歩が大切!債務整理の基本は無料相談から

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s

複数の金融業者から借金をしている多重債務者や、生活上いつも何らかの支払いを滞納してしまう人などは、債務整理をする事で借金に縛られない、自由な生活を送れるようになります。

債務整理と聞くと、弁護士費用が高いなどと、不安な事ばかり思い浮かべてしまうかもしれませんが、債務整理とは借金に困っている人を、法的に救済する制度なので、利用しない手はありません。

日本全国には、債務整理を専門に行う法律事務所が沢山存在し、借金や債務整理に関する、無料の相談窓口を設置しています。

納得のいくまで何度でも、借金に関する相談や債務整理の不安点などを、プロの弁護士に相談する事が出来るので、安心して利用する事が出来ます。

借金解決の第一歩として、まずは法律事務所へ相談をする事が大切です。

これで安心!何をすれば良いのかが分かる!債務整理の具体的な流れ

15716eef5972b2064f24edaed17d5bb0_s

債務整理を行う事が決まったら、債務整理の具体的な流れを把握しておくと、後々のトラブルを回避する事が出来ます。

まず、債務整理の方法にはいくつか種類があり、自分の収入や資産状況、借り入れの状況などから、どの債務整理を行うか弁護士が判断します。

通常、債務整理を行うと、任意整理、個人再生、自己破産のどれかに当てはまる事が多いです。

もしも、これまでに完済した借金があり、一定の条件を満たせば過払い金請求の対象となる事があります。

債務整理の大まかな流れとして、

1.法律事務所へ無料相談をする→

2.法律事務所と債務整理契約を結ぶ(着手金が必要な事が多い)→

3.弁護士から債権者に、介入通知が発送される(この時点で、取り立てや督促がなくなる)→

4.弁護士が取引履歴をもとに、引き直し計算をして、正確な債務状況を知る→

5.債務整理の方法を決定する→

6.弁護士が債務整理を実行する

この1~6までの手順を、約6か月ほどかけて行う事が多く、債務整理実行後は返済計画に基づいて、借金の返済を行っていきます。

以上が債務整理の大まかな流れですが、無料相談の段階で収入や支払い能力がないと判断されると、最初から自己破産を勧められる事もあり、依頼者によって債務整理の流れは変化します。

以下、債務整理の個別の流れをみていきます。

返済計画を見直す、任意整理の流れ

任意整理は、誰でも行える債務整理ではありません

例外はありますが、定期的な収入があり、提示された返済計画をもとに、3~5年で完済出来るだろうと判断された場合に、適用される事がほとんどです。

弁護士が任意整理を実行後、債権者と交渉し、月々の返済額や分割払いの期日などを取り決めて、和解を成立させます。

和解後は、債務者が和解契約書の取り決めに則って、残りの借金を期日までに返済していきます。

借金の減額が出来る、個人再生の流れ

個人再生が出来るかどうかは、法律で定められている基準に、当てはまらなければなりません。

債務整理において、個人再生する事が決まったら、

個人再生申立書やその他必要書類を、地方裁判所へ提出→

弁護士または債務者が、裁判官から面談を受ける→

履行テストや弁済許可などの、手続きが開始される→

手続き開始から、資産状況に変化がないか裁判所へ報告する→

返済計画などが記載された、再生計画案を裁判所に提出する→

提出した再生計画案が、裁判所によって認可決定と確定される→

個人再生の計画に基づいて返済を行っていく

個人再生の手続きは、地方裁判所によってスケジュールが変わってくるものです。

東京地裁では、個人再生の手続きが完了するまで、概ね6か月前後、大阪地裁では100日前後が目安となっています。

全ての借金が免除される、自己破産の流れ

経済的に破綻している債務者は、自己破産の選択肢しかない場合が、ほとんどです。

自己破産は、所有財産があるないで、手続きが異なります。

ここでは所有財産がない、同時廃止の流れをご紹介します。

自己破産をする為に必要な書類を、地方裁判所に提出する→

弁護士または債務者が、裁判官から面談を受ける→

破産手続きが開始される→

弁護士と債務者が、裁判官から面談を受ける→

裁判所から免責許可決定が通知される→

通知から約1か月後に、免責許可決定が確定される

こちらのコラムも人気です!