時効前に手続きを!過払い金請求で、債務整理を回避する

借金が返せなくなってしまったら

c13994f3b2ce5440b9fdcaffecb7d398_s

借りたお金は期日までに、利息を含めた金額を返すのが当たり前ですが、事情により借金が返せなくなってしまう人は、少なくありません。

もし借金が返せなくなってしまったら、任意整理や自己破産などの方法で、債務整理するしかありませんが、債務整理はデメリットも多く、気軽に使える手段ではありません。

最後の手段である、債務整理しか借金問題を解決する方法がないのであれば、ためらう必要はありませんが、その他の手段で借金を何とか出来るのであれば、債務整理以外の方法での解決を、目指した方が良いでしょう。

弁護士に相談して対策を練る

借金が返せなくなってしまったら、早めに債務問題を専門に手がける、弁護士に相談してください。

弁護士は専門知識と、豊富な経験に基づいて状況を判断し、最適と思われる解決方法をアドバイスしてくれます。

任意整理や自己破産など、債務整理でしか解決出来そうもなければ、代理人となって手続きを進めてくれますし、それ以外の方法で状況を改善出来る見込みがある時は、具体的な手続き方法ややるべき事を、教えてくれます。

代理人を依頼すれば、本人に代わって借金整理の為に動いてくれますが、弁護士費用は数十万円程度かかってしまう為、借金が少額の場合は、弁護士に頼むメリットは大きくありません

自分で手続きする事で、状況を改善出来る可能性もあるので、弁護士費用を抑えたい方は、無料相談を活用して弁護士の知恵を借り、手続きなどの実務は自分でやるようにすると、弁護士費用を払わずに借金を整理出来るでしょう。

過払い金返還請求で、借金問題の解決を目指す

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

債務整理しないで、借金問題を解決したい時に有効な手段が、過払い金返還請求による解決です。

過払い金請求は債務整理扱いとはならず、手続きを行ってもブラックリスト入りしません

新たな借り入れ停止など、債務整理に伴うデメリットは一切発生しないので、手続き後もこれまでと変わらない生活を送れるのが、最大のメリットです。

過払い金とは

過払い金とは、利息制限法の上限金利に基づいて貸し付けられた、お金の超過利息の事です。

現在認められている金利は、利息制限法に基づいた上限金利ですが、かつては出資法に基づいた、利息制限法を超える金利がキャッシングや、カードローンに適用されてきました。

裁判により、利息制限法の上限を超えた金利は、認められない事が確定した為、すでに支払われた超過金利分に関しては、債務者が権利を有する金銭となっています。

過払い金は、債務者に正当な権利が認められるお金なので、返還請求する事で、すでに支払ったお金を取り戻す事が出来ます

自分が権利を持っているお金を返してもらうだけなので、債務整理として扱われる事はありません。

引き直し計算で借金が減る

過払い金返還請求をするメリットは、超過支払い分を取り戻せるだけではありません

もう一つの大きなメリットが、引き直し計算による債務の減額です。

過払い金が含まれている借金に関しては、利息制限法の上限金利を超えた金利に基づいて計算されている為、本来の金額よりも借金の額は、大きくなっています。

長期間借りている借金だと、複利計算によって僅かな金利差でも、債務残額は大きく変わってしまいます。

過払い金請求をすると、上限金利を超えた金利で計算されていた借金が、本来適用される利息制限法の金利に基づいて、計算し直されます。

借金から超過金利分が引かれるだけでなく、複利計算で増えた金額も引かれるので、借りていた期間が長ければ長いほど、借金は大きく減額されます。

滞納によって加算された遅延損害金も、本来の債務額に基づいて計算されます。

減額した借金と、取り戻した過払い金を相殺する事で、借金を完済出来る可能性があります。

完済には足りなくても、債務残額は大きく減るので、返済はずっと楽になるでしょう。

時効に注意

過払い金請求の権利は、時効が設定されています。

10年の消滅時効を迎えると、請求出来なくなってしまいます。

時効は、最終取引からカウントがスタートするので、すでに返済を終えた10年以上前の借金でも、権利が残っている可能性があります。

過払い金の有無は、弁護士や認定司法書士に相談すれば、確認してもらえるので、覚えのある方は早めに相談に行ってください。

こちらのコラムも人気です!