市役所で?国民生活センターで?民間以外の借金相談の実態

借金が返せない時は、弁護士や司法書士に相談を

借金が返せないと、どんな選択肢があるの

借金が返せない、多重債務なのにどこも滞納しっぱなし。督促が来ても返しきれない時は、場合によって裁判を起されかねません。

もう、どうしようもなくなってしまった時は、債務整理をしましょう。

債務整理とは、今ある債務を減らす、又は無くす事が出来る制度で、借金から解放される代わりに、債務整理をした事が最大10年間記録されます。

よく「破産」という言葉を聞きますが、自己破産は債務整理の中で、最も強い効果を持ちます。

自己破産をすると、債務が一切なくなる代わりに、10年間信用機関に記録され、クレジットカードの発行や携帯電話の契約が、出来なくなってしまいます。

財産も100万円を残して、差し押さえられてしまうでしょう。車もその対象です。

あくまで自己破産は、最後の手段と心得ましょう。

自己破産の他には、任意整理、特定調停、個人再生があり、滞納の程度が軽い時であれば、一番ペナルティの少ない任意整理で、解決出来る事もあります。

今話題の過払い金を取り返す事も、任意整理によって行います。

法律のプロに相談すると、過払い金が返ってくる事もあります

任意整理とは、金融会社と直接相談する事で、金利の部分を調整する制度です。

支払いを引き延ばす事のほか、利息そのものを減らす事も出来ます

そして場合によっては、払い過ぎていた利息を、返してもらう事も出来るのです。

これは、2007年に金利が改正された事が原因なのですが、この時は別の法律の金利を適用していた為「グレーゾーン金利」と呼ばれる、違法な利益が出ていました。

その分が、過払い金となっているのです。

任意整理は、直接交渉。素人では相手に太刀打ちしづらいので、法律のプロにお願いしましょう。

一度お願いすれば、任意整理の終了まで、あなたは何もしなくていいですし、その間は借金の支払いが止まります

過払い金がなかったとしても、あなたの生活が良くなるきっかけになる事は、間違いありません。

弁護士に相談する前に利用出来る、公的機関あれこれ

弁護士費用は高いし、売り込まれるのはイヤ

ただ、弁護士費用は決して安くありません。

法律相談だけで30分5000円はしますし、任意整理だって着手金や成功報酬が発生します。

確かに過払い金が返ってきたとしても、十分な額にならない事があります。

さらに、弁護士には悪徳な人もいます。過払い金が返ってきた分からの報酬を多く取ったり、中には金融機関と裏で手を組んでいる例もあります。

少なくとも、相手の金融機関から提案された弁護士は、絶対に頼らない事です。

そこで、こんな機関に相談してみましょう

あなたが騙される理由は「知らないから」に他なりません。

そこで、弁護士事務所に行く前に、公的機関を利用する事が、オススメです。公的機関では相談料が無料、または安価に設定されています。

相談すること事で、問題解決に至る場合は少ないですが、問題の全体像を知り、最適な弁護士事務所を見つける上では、かなり有効です。

  • 国民生活センター

いわゆる、消費生活センターです。これは悪徳商法に騙された場合や、マルチ商法にお金をつぎ込んでしまった場合に、相談する事が出来ます。

場合によっては、債務整理以前の問題と分かる事があります。

  • 法テラス

法律の事なら、何でも無料で相談出来ます。ただし、1回30分を3回まで。

また法テラスの利用には、経済的に弁護士の利用が厳しい事を、証明する必要があります。収入証明書や、住民票などが必要です。

審査に通れば、法律相談以外にも法律手続きを、安価でしてもらう事が出来ます。

  • 日本クレジットカウンセリング協会

借金問題の相談を受け持つ公益財団法人で、無料で相談する事が出来ます。場合によっては、任意整理も無料でやってくれる事もあります。

  • 金融庁

軽い相談が出来ます。相談の程度によって、必要な機関を紹介してくれますが、そこまでの役割です。

逆に、事前の相談であれば、知っておきたい基礎知識や、契約の心得を教えてくれます。金融庁は、借金をする前に相談しましょう。

こちらのコラムも人気です!