本当に取り戻せる?過払い金請求で、知っておきたい基礎知識

グレーゾーン金利を取り戻す、過払い金返還請求

214886439d4bdd77a43e3b8479853495_s

利息制限法と出資法の金利差分の事を、グレーゾーン金利と呼びます。

グレーゾーン金利は、法律的にグレーな状態で設定されていた金利ですが、最高裁の判決により、グレーゾーン金利の権利は債権者ではなく、支払った債務者にある事が確認されています。

グレーゾーン金利分を支払った債務者は、法律に基づいて債権者に返還請求する事で、グレーゾーン金利分のお金を取り戻す事が可能です。

契約書にサインしていても問題なし

過払い金返還請求をためらわせる要因の一つが、業者との間で交わした契約書の存在です。

契約書には、利息制限法の上限金利を超えた金利で借り入れる事を、了承する項目が盛り込まれており、署名捺印してしまった以上、利息が有効であると主張され、過払い金を取り戻せないのではないかと、不安に感じてしまい、返還請求を躊躇させてしまいます。

結論から言うと、契約書の存在は、過払い金返還請求に全く影響しません

利息制限法の上限金利は、強制力を伴う規定なので、たとえ契約書で債権者債務者両者の合意が確認されたとしても、グレーゾーン金利での貸し付けは効力を持ちません

契約書があっても、利息制限法の上限金利を超えた貸し付けは無効なので、返還請求を起こす事で過払い金を取り戻せます。

利息引き下げも無関係

最高裁の判決が確定して以降、金融業者は相次いで貸し付け金利を引き下げました。

利息制限法の上限金利内に、金利を引き下げるのは当然ですが、業者が金利を引き下げたからといって、過払い金返還請求権を失う事はありません

引き下げた金利が適用されるのは、新たな借り入れが対象であり、過去のグレーゾーン金利分の借金とは無関係です。

取り過ぎた金利分は、利息引き下げとは無関係に業者側が所有しているのですから、請求して取り戻す事が可能です。

さらに、借金を継続して返済している場合は、現在の債務にグレーゾーン金利が適用されている為、本来支払うべき債務額より高額の債務が残されています。

金利が引き下げられたとしても、残債の金額は変わりませんが、現在の残債にグレーゾーン金利が適用されている以上、本来支払う義務のないお金も含まれているという事になります。

過払い金返還請求すると、超過分の支払いを取り戻せるだけでなく、利息制限法の金利を適用して、債務が再計算されます。

残りの債務が減額、もしくは完済出来る可能性があるので、債務整理する事なく借金を清算出来るでしょう。

弁護士の力が大きい、過払い金返還請求

e1943564da8c59c251b0311afac0d519_s

過払い金返還請求では、法律の専門家である弁護士が、大きな役割を果たします。

過払い金は法律で認められた権利ですが、お金を借りた本人が返還請求すると、本来受け取る権利が認められる金額から、値切られる可能性があります。

減額を突っぱねたら、必要な手続きを遅らせるなど、嫌がらせを受けたという報告もありますが、弁護士を代理人に立てて交渉すれば、トラブルの大半は防止出来ます

過払い金を取り戻したいなら、まずは弁護士に相談しましょう。

弁護士から過払い金請求を、提案される事もある

相談した弁護士の方から、過払い金請求を提案される事もあります。

破産や債務整理を考えて、弁護士に相談に訪れる方は少なくありませんが、債務整理はどのような方法を取るにせよ、長い時間と手間がかかります。

債権者ともめる事も多いのですが、過払い金請求に関しては、法律で権利が確定しているので、トラブルになる可能性は低く、スムーズな解決が望めます。

過払い金請求で、滞納した借金が完済出来るのであれば、リスクを伴う債務整理を選択する必要はありません

弁護士としても、トラブルになる可能性が低い過払い金請求なら、業務負担も軽くなるので、依頼者にとっても弁護士にとっても、メリットのある提案です。

過払い金請求で、借金問題が解決出来るなら、それにこした事はありません。

弁護士から過払い金請求を提案されたら、どのくらいの額を取り戻せるのかを確認した上で、請求代行を依頼してください。

こちらのコラムも人気です!