借金相談って何?弁護士に相談するメリットとは

なぜ弁護士に相談した方が良いのか?

借金というのは気軽に行えるので、注意が必要です。

金利の高さを気にしていない人も結構多いので、返済が難しくなり、滞納してしまう人も多いですよね。

そんな時に頭をよぎるのが、債務整理。

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生などが存在しています。これらの債務整理に取り組むには、弁護士への相談が欠かせません

弁護士を頼ることで、手続きの失敗から解放される

債務整理の手続きというのは、とても複雑なものになっています。ですから個人で行うのは、よほどの知識がない限りは難しいでしょう。

専門的な用語も沢山飛び出してきますし、煩わしい手続きもたっぷりとあります。

例えば、裁判所提出の手続き、裁判所への出頭、裁判官と面接をしなければなりません。これらのような作業を、仕事を行いながらやるのは、相当な苦労でしょう。

ですから、初めて債務整理をする時には、失敗しやすいのです。

しかし、弁護士に依頼をする事で、この煩わしさから解放されます。

司法書士ではダメなのか?

債務整理を行うとなれば、弁護士に依頼するのが通常となっていますが、時には司法書士にお願いしたほうが良い、という話を聞く事もあります。

司法書士では、債務整理を行えないというわけではありません。

自己破産のような一番大きな債務整理でも、手続きの支援を行っているところはあります。

ただ司法書士の場合は、法律により認められている手続きが、限られているのです。

担当出来る金額に関しても、140万円を超えないケースと限られています。

自己破産を考えているような人は、もっと膨大な借金のはずですから、司法書士よりも弁護士を頼った方が良い、という事になります。

その為、自己破産に限らず、任意整理、個人再生といった債務整理も、最初から弁護士に依頼した方がいいでしょう。

債務整理にデメリットはあるのか

債務整理を行うには、弁護士に依頼した方がメリットがあるというのは、分かったと思います。

それでは、債務整理にデメリットはあるのでしょうか?

それぞれの債務整理について、調べてみる事にしましょう

任意整理

任意整理は、裁判所を通さずに行う事が出来る、債務整理です。

ですから、面倒な手続きが比較的少なくて、手をつけやすい債務整理となっています。デメリットは、次のようなものとなっています。

  • 安定した収入がないと行えません
  • ブラックリストに載ってしまいます。約5年前後は、クレジットカードを新規で発行する事が出来ません。ですから、一切の借り入れが出来なくなってしまいます。
  • 裁判の力をお借りない事になりますから、金融業者と直接交渉を行う事になります。ですので、交渉に応じてもらえなければ、失敗してしまう事も考えられます。

個人再生

個人再生は、裁判所を通して行う債務整理です。借金総額を、1/5まで減額する事も可能です。

基本的には3年間で、残りの借金返済を目指します。デメリットは、次のようなものです。

  • ブラックリストに載ってしまいますから、任意整理と同じように、クレジットカードの発行が出来ません。借り入れもストップしてしまいます
  • 安定した収入がないと出来ません。
  • 個人での手続きは難しい

自己破産

全ての借金をチャラに出来る、債務整理です。収入がなくても、行う事が出来ます。主なデメリットは、次のようなものです。

  • 預貯金や住宅など、財産の差し押さえがある
  • 家族に内緒で借金をしている人は、家族にバレやすい
  • 一定期間、就く事が出来ない職業が出てくる

過払い金請求

過払い金とは、法律で決められている利息を、オーバーして払ってしまっていた時に、その分を返金してもらえる制度です。

基本的には、任意整理の一つとして考えられています。

  • 過払い金請求を行った金融業者からは、二度と借金が出来ない
  • 借金完済後は、10年以内じゃないと請求出来ない
  • 返済中の過払い金請求は、ブラックリストに登録されてしまう

こちらのコラムも人気です!