取り立てはすぐにストップ!任意整理で、借金問題解決を目指す

債務整理で借金問題を解決

5ec2515a531449674afe83660387b879_s

どうしても借金を返せなくなってしまったら、債務整理による解決を目指すしかありません。

債務整理は、法律で認められた正当な権利です。手

続きは簡単ではありませんが、効力は非常に強く、成立すれば返済負担は大幅に軽減されます。

最初から債務整理を当てにして、お金を借りるような事は認められませんが、借金に追い詰められてしまった人にとっては、救いの手となる制度です。

借金に関わるもろもろの悩みを、一気に解決出来るので、返済が難しくなってしまったら、早めに弁護士に相談しましょう。

4種類の債務整理

債務整理には、4種類の方法があります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

4つの中で、最も強い効力を持つのが、自己破産です。

自己破産手続きが成立すると、その時点で債務は全額免責され、借金ゼロの状態で新たに人生を、やり直す事が出来ます。

保有資産の大部分を、処分しなければならないなど制約も多いのですが、借金問題に苦しむ人にとっては、ありがたい方法です。

実際には、債務整理する人のうちの9割は、任意整理による債務整理を選択しています。

任意整理は、裁判所などの仲介を必要としない債務整理方法で、債権者と債務者の任意の話し合いによって、成立します。

デメリットも他の方法より軽いので、多くの人に利用されています。

任意整理による債務整理

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s

任意整理による債務整理は、最も一般的な手続きです。

弁護士に債務整理を相談すると、まず最初に検討されるのが任意整理で、任意整理では借金が解決しきれなかったり、特定のメリットが期待出来る場合は、他の方法による債務整理が検討される、という流れになっています。

件数が多いので、金融業者側にも対応マニュアルが整備されており、交渉でもめる可能性が低いのも、利用件数が多い理由の一つです。

スピーディーに解決

任意整理のメリットとして、問題解決までのスピードが早いというのが、挙げられます。

任意整理は、当事者間の合意によって成立するので、公的機関の判断や決定を待つ必要がありません。

取引履歴の確認や、借金の再計算などの作業にかかる時間を含めても、最短で数週間程度で手続きが完了します。

個人再生や自己破産など、公的機関が間に入る手続きは、成立までに長い時間がかかります

ケースによっては、債務整理が成立するまでに、半年以上かかることもあります。

債務整理が成立するまでは、不安がつきまといますが、任意整理ならスピーディーな解決が期待出来るので、いち早く借金から開放されて、新たなスタートを切れるでしょう。

借金が消えるわけではない

任意整理は自己破産のように、債務が帳消しになる手続きではありません

任意整理は基本的に、借金の完済を目指す手続きであり、返済負担は軽減されるものの、成立後も債務は残ります

任意整理後は返済計画に基づいて、きちんと返済を続けていく必要があります。

逆に言えば、返済を続けられる人でなければ、任意整理で借金を解決するのは不可能という事です。

返済は3年から5年かけて、分割返済するのが一般的です。

将来利息のカットに応じてもらえれば、借金が増える心配はありません。

取り立ては、すぐにストップ

借金を滞納すると、返済を求める取り立てが行われます。

取り立てにも法的なルールが存在する為、深夜の来訪や暴力的な言動はありませんが、連日の取り立ては精神的に、大きなストレスです。

任意整理手続きを開始した事が、弁護士から金融業者に通知されると、その時点で取り立てはストップします。

万一取り立てにあったとしても、連絡すればやめさせる事が出来るので、任意整理を開始すれば、取り立ての悩みからは開放されます。

借金の使途は問われない

任意整理では、借金の使い道は問われません。

自己破産の場合は、ギャンブルや浪費目的の借金は認められませんが、任意整理は借金の使途や目的は問われないので、どんな借金でも手続き可能です。

ただし、本人の属性や取引状況によって、任意整理が成立しない可能性もあります。

過払い金で借金を整理出来れば、任意整理が出来なくても返済負担が軽くなりますが、過払い金がなければ自己破産など、他の方法での債務整理を目指す事になります。

こちらのコラムも人気です!