督促状は無視しないで!滞納から一括請求書、そして裁判へ…

借金は本来一括で返すものだって、知っていましたか?

債務者は期限の利益によって、分割払いが出来る

借金は、今用意出来ないお金を調達する為に、他者からお金を借りる事ですが、本来は借りた分のお金を期限までに、耳をそろえて返すのがお金のあり方です。

しかし借金の額によっては、借りた分をすぐに調達するのは難しいでしょう。

家や車の購入について想像してみると、分かりやすいと思います。

その為、借金を完済する日まで分割する事が、許されているわけです。

これを債務者にとっての、期限の利益と言います。

本来一括で返すべきお金を、分割しているわけですから、債権者はそれだけのリスクを背負っていると言えるでしょう。でも分割払いが出来るのは、それだけ高額の融資が出来る事と、債務者が信頼に値する事が理由です。

債務の滞納は、期限の利益を否定する行為と心得よう

支払いを分割してもらっているからこそ、返済額も小さくなる分、金利が増えます。

それでも、双方にとって良い取引が出来るのだから、納得のいく事でしょう。

では、支払いの滞納があった場合はどうでしょう?

分割払いが出来るのは、債務者の期限の利益によるもの、つまり「分割なら返済する事が出来ます」という、信頼に基づくものでした。

それなのに滞納するのですから、もはや支払いを猶予する意味はありません。これを、期限の利益の喪失と言います。

もちろん、期限の利益が喪失するくらいですから、1回滞納したくらいでは何も起こりません。

事情があるものですから、翌月にリカバーすれば良いだけです。

でも3か月も滞納しようものなら、さすがに債権者も黙ってはいられません。

債務者に一括請求通知を送り、借金の一括請求及び、遅延損害金の請求を行います

一括請求通知を放置すると、財産を差し押さえられます。素早く対応を

一括請求通知が来たら、弁護士に相談するといいでしょう

一括請求通知とは文字通り、分割払いだった借金をさっさと返せ、というものです。

一括請求通知には、債権者から届くものと、裁判所から届くものの二つがありますが、債権者から届く場合については「〇〇までに入金がなければ訴えます」という事が書いています。

つまり、訴えられる前に行動すれば、裁判所を介さずに解決する事が出来ます。

はっきり言ってしまえば、一番の解決方法は、期日までの入金を済ませる事です。

しかし、それが出来ないから、滞納をしているわけです。

その場合は、弁護士に相談しましょう。

滞納している時点で、あなたが直接交渉しても、相手は対応してくれません。だから法律のプロに、お願いするのです。

具体的には、債務が支払えるように和解するのですが、その方法は単純に支払計画を見直すほか、利息を下げてもらう事も出来ます。このような選択肢を、任意整理と言います。

任意整理は債務整理のひとつで、最も程度の軽い場合に用いられます。

これより重い場合は、特定調停、個人再生、自己破産などの債務整理を行いますが、効力が強くなるほどブラックリストの期間やペナルティが増えるので、債務整理を行う時は、よく検討する必要があります。

任意整理によって利息を調整する中で、過払い金が発覚する事があります

これは法律の変更時に利息を変えず、放置した事によって起きたギャップの事。いわゆる、グレーゾーン金利と言われています。

この部分を是正する事で、借金が大きく減るほか、過払い金がプラスとして手元に返ってくる事もあります。

裁判所からの通知が来た時は、さらに早めの行動が必要です。

そして裁判所から来た時は、もっと早く行動する必要があります。

裁判所から通知が来た時は、すでに裁判の手続きが始まっています。あなたは訴状に基づいて、自らの意見を答弁する必要があります。

もし、これを放置しようものなら、裁判に被告不在で進行していきます。

沈黙は金とはよく言いますが、裁判に出席しなければ、相手の主張を全て認めた事になります

つまり、「判決によって支払いを命ぜられる」事となるのです。

裁判で決まった事は、民事法に基づいて実行されます。

あなたの財産を差し押さえるほか、生命保険や給与の4分の1まで、借金の返済に充てる義務が出てきます

こうなる前に、しっかり対処しましょう。

こちらのコラムも人気です!