誰にも知られたくない!債務整理を秘密に手続き出来る?

債務整理の事実を知られたくない

f002ae1a08cef216dee5c880bce4c49b_s

借金が返済不能な状況にまで、追い込まれてしまった場合、最終手段として、債務整理による解決が残されています。

債務整理は法律に基づいた手続きであり、後ろめたさを感じる必要は全くありませんが、世間体や評判を考えれば、周囲の人間に事実を知られたくないと思うのは、当然です。

周囲にバレてしまう事を恐れて、債務整理をためらってしまう人は少なくありません。

誰にも知られず、秘密のまま債務整理手続きする事は、可能なのでしょうか。

事実がバレるかどうかは、手続き次第

債務整理の事実がバレるかどうかは、債務整理手続き次第です。

債務整理と一口に言っても、色々な方法があり、どの方法で手続きするかによって、事実がバレてしまうこ事もあれば、秘密のまま手続き出来るかが決まります。

どうしても、周囲に債務整理を秘密にしたまま手続きしたいのであれば、借金問題を専門に手がける弁護士に、相談しましょう。

弁護士は依頼人の秘密を厳守するので、債務整理の事実を口外する事はありません

相談内容を漏らす事もないので、相談だけして依頼しなかっとしても、債務整理を考えている事が、露見する心配はいりません。

秘密裏に債務整理したいと告げれば、弁護士も協力してくれますから、秘密を守りたいからといって、一人で手続きする事ばかり考えず、弁護士の力を借りるようにしましょう。

秘密を守って債務整理するには

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

秘密を守って債務整理する為に重要なのが、自分から秘密を話してしまわないようにする事です。

せっかく秘密裏に手続きを進めているのに、本人の不注意から債務整理の事実がバレてしまう事は案外多く、たった一度のうっかりミスで、秘密を守る為の努力が台無しになってしまいます。

秘密がバレても、債務整理手続きに影響はありませんが、その後の生活に影響が及ぶのは、避けられません。

債務整理がバレたくないのなら、まず自分自身が秘密を守る事を、徹底してください。

過払い金請求なら、秘密がバレる事はない

過払い金返還請求手続きによる借金整理なら、周囲に秘密が漏れる事はありません。

過払い金は、法律で権利が認められたお金であり、いわゆる債務整理手続きとは、全く異なる性質です。

取り戻した過払い金で借金を返済すれば、周囲に事実が漏れる心配はありません。

過払い金請求は、債務整理扱いにならない為、手続きした事実が信用情報機関に登録される事もなく、ブラックリストにも入れられません。

事実を知るのは、秘密を守る義務を有する金融業者と弁護士だけなので、情報が漏れる事はありません。

任意整理なら、秘密を守って債務整理出来る

債権者と債務者の、任意の話し合いによって進められるのが、任意整理です。

任意整理なら周囲にバレないで、債務整理可能です。

任意整理は、当事者間の合意による債務整理なので、公的機関の仲裁を必要とせず、債務整理した人間の氏名が公表されたり、手続きが他人に知られる事はありません。

ただし、滞納した借金の督促状などから、借金している事実がバレる可能性はあります。

債務整理手続き自体では秘密は守られますが、思わぬところから情報が漏れる危険性があるので、注意が必要です。

自己破産では。氏名が官報に掲載される

債務整理の中でも、全ての債務が帳消しになる自己破産手続きを行うと、氏名が官報に掲載され、債務整理の事実が公表されてしまいます。

自己破産は最も強力な手続きであり、借金問題解決の最終手段ですが、秘密を守ったまま手続きする事は出来ません。

官報によって、債務整理の事実は明らかになりますが、それ以上の事はありません。

一般の人は、官報の情報をいちいちチェックしていませんから、普通に生活していれば、周囲に債務整理の事実を知られる心配は、あまりありません。

事実を隠す事は出来ませんが、バレてしまうリスもそれほど高くないので、過剰に警戒する必要はないでしょう。

こちらのコラムも人気です!