費用の心配はない!支援制度を利用して、債務整理を実行しよう

費用倒れを起こさないようにしよう

b458c8b14b380d1412e253d75c45dbc8_s

費用すら払えない場合もある

債務整理で、借金のトラブルを解決する時には、債務整理によって費用倒れを起こさないように、考えておく必要があります。

債務整理は元々、借金を抱えた債務者を救う為に考えられた、法律的な手続きである為、この手続きを実行すると、借金を抱えている人は必ずその負担を、小さくする事が可能です。

一方で、大きな借金を抱えて滞納してしまっている人は、債務整理を利用する為の費用すら、支払う事が出来ない状況になっている事も、珍しくありません。

債務整理には破産手続きのように、借金を0に出来る手続きもありますが、そうした手続きが、必ずしも通るわけではありません。

状況によっては、別の手段で問題を解決しなくてはならなくなる事もあります。

それだけではなく、債務の状況が複雑なケースで、何も考えずに債務整理を相談してしまうと、弁護士の方も詳しい状況を把握出来ずに、手続きを進めてしまう事もあります。

弁護士の中にも、債務整理を専門としていない人はいますので、まずは債務整理で必要な手続きと費用が何なのかを整理して、どのような対応をとってもらえるのかを、確認しなくてはいけません。

弁護士費用の内訳とは?

弁護士費用は、全国どこの法律事務所に相談したとしても、その内訳がある程度決まっています。

特に、債務整理に関しては相場がありますので、その相場を確認することによって費用の目安をつけることができるでしょう。

  • 債務整理の相談費
  • 裁判所への予納金
  • 弁護士への着手金

債務整理を利用する時に必要になる費用は三つで、特に裁判所に対して手続きをする時には、必ず予納金と言うお金を納めなくてはいけません

任意整理以外の手続きは、全て裁判所に申し立てをしなくてはならないので、その為の費用が別途必要になります。

着手金というのは、弁護士が法律的な手続きをする事で生じる費用で、予納金とは別に考えて、費用を計算しなくてはいけません

一方で、任意整理に関しては裁判所は関係ないので、これも注意が必要です。

債権者と債務者が弁護士を通して、借金の問題点を話し合う事で、円滑に問題解決を図っていく取り組みが、任意整理です。

その為、裁判所に対して必要になる、予納金は考慮せずに費用を計算する事が、可能です。

一般的に、債務整理に関して考える際には、着手金の費用はその手続きの中に、全て含まれている事が多いので、任意整理のケースでは、平均して3万円程度のお金があれば、十分でしょう。

任意整理すら利用出来ない時は?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

債務整理で、最も費用が小さな手続きは任意整理ですが、それすら利用出来ないほど困窮していた場合には、どうすれば良いのでしょうか。

この場合は、民事法律扶助制度というものを利用すると、ほとんど費用を支払わなくても、借金の問題を解決出来るようになります。

この制度は、総合法律支援法という法律によって設けられた制度の事を、意味します。

任意整理などの簡易的な手続きは、主に過払い金の返還請求などに、利用する事が可能ですが、返還請求に成功するかどうかは定かではなく、また返還請求にも時間がかかってしまうケースも、珍しくありません。

手続きや交渉に時間がかかってしまうと、諸経費にかかる負担が全て、債務者にのし掛かってくる事になりますので、こうした弱い立場の人を守る為に、扶助制度は作られました。

民事法律扶助制度があると、債務整理に関する費用を、日本司法支援センターというところが、立て替えてくれるようになります。

特に、任意整理のような簡易的な手続きの場合には、大きな費用になりすぎる事はありませんので、立て替えてもらえる可能性が、高くなる傾向にあります。

ですから、どうしても費用が払えない場合には、まずこうした制度を利用出来ないかを、相談する事が大切なのです。

こちらのコラムも人気です!