借金を期日までに返せない!滞納した借金の解決方法

借金を滞納してしまったら

6319cc69b7bd3d8a1d38662a1c6b5af8_s

借金は期日までに、約束した金額を返済するのが基本です。

しかし経済状況などの理由で、借金を滞納してしまう人も少なくありません。

借金を滞納してしまったら、どうすればいいのでしょうか。

まずは早めに相談を

借金が返せなくなってしまったら、まずは早めに借入先である、金融業者に相談しましょう。

返済日を数日先延ばしすれば、返済金を支払えるのであれば、猶予してくれる可能性があります

重要なのは、返済が苦しくなるのが分かった時点で、早めに相談する事です。

返済日から一日でも遅れてしまえば、遅延扱いになってしまいますが、済日前に相談して有効な対策が取れれば遅延扱いにならず、信用情報にも金融事故の履歴が記載される事はありません

業者としても、返済に遅れてから相談されるより、早めに相談してもらった方が心象も良く、温情的な対応をとってもらえる可能性も、高くなります。

支払猶予などの措置を、取ってもらえる保証はありませんが、無断で遅延するよりは、よっぽどマシです。

早めに相談して、協力して解決方法を考えてください。

他の業者から借りて返済するのもひとつの方法

他の金融業者から新たにお金を借り入れて、返済金に回すのもひとつの方法です。

将来確実に受け取れる収入の予定があり、あくまでも一時的なつなぎとしてお金を借りるのに限定すれば、借金で返済金を用意するのもいいでしょう。

ただし、収入のあてもないのに借金して、返済に回すのは絶対にやめてください。

借金で借金を返す、自転車操業状態が慢性化すると、いつまでも完済出来ないどころか、借金が雪だるま式に膨らんでしまう恐れがあります。

滞納を一時的にしのいだとしても、根本的な解決にはならず、最終的に債務整理や破産する未来が待っています。

計画的に返済出来ないのなら、借金で借金を返してはいけません

弁護士に相談する

滞納が続いてどう頑張っても、借金が返せそうもない金額にまで膨らんでしまったら、借金問題に強い弁護士に相談しましょう。

弁護士と協力して、債務整理手続きを進める事で、借金の負担を減らす事が出来ます。

借金の中に、グレーゾーン金利適用分があれば、過払い金返還請求でお金を取り戻し、借金を返済出来る可能性があります。

借金に悩む人を救済する為に、無料相談を受け付けている弁護士もいるので、延滞がどうにもならなくなってしまったら、弁護士に相談してください。

債務整理で滞納した借金を解決する

cdee66f5ddd02af6025571621e450062_s

滞納した借金を解決する手段のひとつに、債務整理という方法があります。

債務整理する事で、将来利息のカットや借金の一部減額、場合によっては債務全額免責という措置を受ける事が出来るので、苦しい借金地獄から逃れる事が出来ます。

ただし、債務整理にはリスクが伴う為、安易に利用するべきではありません。

弁護士に相談した上で、他の手段がない事は仕方ありませんが、最初から債務整理を当てにしてはいけません。

債務整理すると、今後の借り入れは不可能に

債務整理は貸し付ける業者にとっては、返済逃れに近い行為です。

債務整理をすると、金額の大小にかかわらず、情報が金融業者間でブラックリストとして共有され、今後新たに借り入れをする事が出来なくなります。

金融信用情報に基づいて審査が行われる、クレジットカードの新規発行や、携帯電話の分割購入も同様に、不可能になってしまいます。

ブラックリストの情報は5年で消滅しますが、自己破産や個人再生による債務整理は、10年間情報が残ります

債務整理は、今後の生活に大きな影響を及ぼすので、安易に選択せず、あくまでも最終手段であると考えておきましょう。

債務整理の相談は、弁護士または認定司法書士へ

債務整理に関しては、弁護士または認定司法書士へ相談してください。

自力で手続きする事も出来ますが、専門書類の作成など、手間と時間がかかる為、専門家である弁護士や認定司法書士の力を借りた方が、確実です。

費用はかかりますが、軽減出来る手間と時間を考えれば、決して高くはありません

一刻も早く借金問題を解決する為にも、専門家の力を借りましょう。

こちらのコラムも人気です!